「ブリーフィング」とは?意味や使い方を解説

「ブリーフィング」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ブリーフィング」について解説します。

目次

  1. ブリーフィング
  2. ブリーフィングの意味とは
  3. ブリーフィングを使った文章・例文

ブリーフィング

皆さんは「ブリーフィング(briefing)」という言葉をご存知でしょうか。

「ミーティング」より規模の小さい話し合い、というように認識している人も多いのではないでしょうか。
実際には少し違っており、「話し合い」より「連絡事項の伝達」の方が近い日本語なのです。

今回は「ブリーフィング」という言葉について詳しく解説します。

ブリーフィングの意味とは

ブリーフィングとは「簡単な説明や報告、打ち合わせ」という意味です。
英語では「briefing」と綴ります。

ビジネスシーンでよく使われる言葉で、小規模なチーム単位で行う伝達事項や確認事項の打ち合わせを指す言葉です。

よく似た言葉に「ミーティング」がありますが、「ブリーフィング」との違いは時間の長さ、規模の大きさです。
「ミーティング」は「会議」であり、じっくりと腰を据えた意見交換をするようなイメージで使います。
一方「ブリーフィング」は「打ち合わせ」であり、数分から十数分程度の簡潔な説明や連絡事項の伝達を表す言葉です。

「ブリーフィング」はもともとは軍事用語であり、「出撃直前の簡潔な打ち合わせ」を指す言葉でした。
出撃前という緊迫した状況では、端的で要点を絞った情報伝達が求められます。
そういった性質の会合を行う状況はビジネスでも多々あり、そこから流用した言葉だと言えるでしょう。

ビジネスシーン以外でも、スポーツの作戦確認などを指して使われることがあります。

>

ブリーフィングを使った文章・例文

  1. 10時からブリーフィングなので、筆記用具と手帳だけ持って集まってほしい。
  2. ブリーフィングのために簡潔な資料を作成している。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ