「メカニズム」とは?意味や使い方を解説します!

「メカニズム」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「メカニズム」について解説します。

目次

  1. メカニズム
  2. メカニズムの意味とは
  3. メカニズムの使い方・例文

メカニズム

メカニズム(mechanism)」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

「原因のメカニズム」や「メカニズムの解明」など、日常生活でも見聞きする機会の多い言葉ですが、なんとなくのニュアンスでしか理解していない方も少なくないのではないでしょうか。
日常の様々なことを理解するためにも重要な言葉になるため、この機会に是非意味を理解しておきましょう。

ここではそんな「メカニズム」について、意味や使い方などを詳しくご紹介していきます。

メカニズムの意味とは

>

メカニズム(mechanism)とは、「機械装置」や「機構」、「仕組み」などを意味する英語になります。

機械の構造や、機械装置そのもの、あるいは物事の仕組みや成り立ちなどを広く指す言葉で、生物の構造や運動の力学などを指す「バイオメカニズム」のように、様々な言葉と合わせて用いられています。
また哲学用語でもあり、精神や霊などの概念を用いずに、因果関係のみによって自然現象を説明しようとする「機械論」のことを指します。

ちなみに、「後ろにバック」や「頭痛が痛い」などの二重表現と同様に、「仕組みのメカニズム」という二重表現も多く見られるため、注意が必要です。

メカニズムの使い方・例文

  1. 長年研究を続けてきたおかげで、ついにこの問題のメカニズムを解明することができた。
  2. 自分のような男には、女性の思考のメカニズムは未来永劫理解できないだろうと言われた。
  3. 相手チームのディフェンスのメカニズムをしっかりと理解することが、勝利への重要なファクターとなる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ