「一括り」とは?意味や使い方を解説します!

「一括り」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「一括り」について解説します。

目次

  1. 一括り
  2. 一括り(読み方・ひとくくり)の意味とは
  3. 一括りの使い方・例文

一括り

一括り」という言葉について解説します。

「一括りに東北と言っても、東北弁ってないからね?」

といった感じで使われるのがこの「一括り」という言葉ですが、みなさんはこの言葉の意味や使い方・読み方はご存知でしょうか。

日常でも度々使われる言葉なので、なんとなくご存知だとは思いますが、一度整理してみるのもいいかもしれません。

ここでは、「一括り」という言葉について、意味や使い方・読み方などを紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、しっかりと把握してみてください。

一括り(読み方・ひとくくり)の意味とは

>

一括り(読み方・ひとくくり)とは「一つにまとめてくくること。また、そのもの」「いっかつ」という意味を持った言葉となっています。

色々なものを一括りにして良いこともあれば、むやみに一括りにすると良くないこともありますが、最近では細分化が進んでいるので、あまりなんでもかんでも一括りにするのは良くないという風潮があるかもしれません。

日常でも「一括りにされても~」「一括りで言われても~」といった感じで否定的なニュアンスで使われることの方が多いかもしれませんが、言葉の意味としては「一つにまとめること」です。

「その辺の物一括りにしといて」といった感じでも使うので覚えておいてみてください。

一括りの使い方・例文

  • その昔は、天災が起きるとなんでもかんでも一括りに神様のせいにしていたのかもしれない。
  • アジアと一括りに言っても、様々な民族や文化があることは知っておかなければならない。
  • 処分品をあれもこれもと一括りにしたものを福袋とは呼ばない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ