「闇が深い」とは?意味や使い方を解説

「闇が深い」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「闇が深い」について解説します。

目次

  1. 闇が深い
  2. 闇が深いの意味とは
  3. 闇が深いを使った文章・例文

闇が深い

闇が深い」という言葉の意味をご存知でしょうか。

主にネットで用いられる言葉で、掲示板などのタイトルにも多く使用されていますが、日常生活でも用いることができる便利な言葉のため、この機会に是非意味を理解しておきましょう。
また、使用頻度の高い言葉の割に意外と勘違いの多い言葉でもあるため、ここでしっかりと覚えておきましょう。

ここではそんな「闇が深い」について、意味や使い方などを詳しくご紹介していきます。

闇が深いの意味とは

闇が深いとは、「表面上は見えない心の闇」のことを意味します。

主に問題の根が大きいことや、凄惨な事件などのことを指して用いられますが、本来は過去のトラウマや、極度の大きな秘密を抱えていることなど、表面上は見えない部分に暗い側面を持っていることを意味する言葉として用いられていたネット用語になります。

また、性格などに難のある人物や、理解を得るのが難しいような変わった趣味のことを指して用いられる場合もあり、簡単には表現しづらいことを指して広く用いられています。

>

闇が深いを使った文章・例文

  1. 隣に住む一人身の中年男性は、闇が深い人の特徴をすべて網羅している。
  2. 普段明るく振る舞っているから気づかなかったが、実は思っていたよりも彼女の心の闇は深かった。
  3. 古臭い考えを持っている監督が就任した運動部は、大抵は数年のうちに闇が深い部になってしまう。
  4. 会社が抱えていた大きな秘密が大々的に報道されたことで、初めて自分の会社の闇が深いことを知った。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ