「呵呵大笑」とは?意味や使い方を解説!

「呵呵大笑」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「呵呵大笑」について解説します。

目次

  1. 呵呵大笑
  2. 呵呵大笑の意味とは
  3. 呵呵大笑を使った文章・例文

呵呵大笑

呵呵大笑(かかたいしょう)」という言葉をご存知でしょうか。

日常生活の中でこの言葉自体を見聞きする機会はそう多くないため、意味を知らないどころか、聞いたことすらないという方は少なくないのではないでしょうか。
しかし、この言葉が意味する状況は日常生活でも多いので、この機会に是非意味を理解しておきましょう。

ここではそんな「呵呵大笑」について、意味や使い方、類語などを詳しくご紹介していきます。

呵呵大笑の意味とは

呵呵大笑(かかたいしょう)とは、「一緒に大声で笑うこと」を意味します。

「呵呵(かか)」とはからからと大声で大笑いをすることを指す言葉で、「大笑」も大笑いすることを意味する言葉になります。
主に大勢で笑うこと、あるいは数人で一緒に大声で笑い合うことなどを指して用いられ、中国の古典などにも登場しているなど、古くから用いられてきたとされています。

類語には腹を抱えて笑い転げることを意味する「抱腹絶倒(ほうふくぜっとう)」や、笑い過ぎてお腹が限界まで痛くなることを意味するネット用語の「腹筋崩壊(ふっきんほうかい)」、おかしくて笑いが止まらなくなることを意味する「壺に入る」などが挙げられます。

>

呵呵大笑を使った文章・例文

  1. 優勝を決めた日の夜、選手たちは普段仏頂面で知られる監督と一緒に呵呵大笑した。
  2. 実力派で知られる芸人が大集合するとあって、スタジオは間違いなく呵呵大笑と抱腹絶倒の嵐となるだろう。
  3. よくできた芝居だったが、さすがに学生演劇で呵呵大笑とまではいかなかった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ