「運否天賦」とは?意味や使い方を解説!

「運否天賦」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「運否天賦」について解説します。

目次

  1. 運否天賦
  2. 運否天賦の意味とは
  3. 運否天賦を使った文章・例文

運否天賦

運否天賦」という言葉について解説します。

まず、みなさんはこの四字熟語の読み方はご存知でしょうか。

うんぴてんぶと読んでしまいそうですが、運否天賦の読み方は「うんぷてんぷ」です。

では次に、この言葉の意味はいかがでしょうか。

きちんとした意味は知らないといった方も多いかもしれませんし、そもそも初めて見たという方も少なくないかもしれません。

ここでは、そんな運否天賦という言葉について、意味や使い方などを詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、きちんと整理・理解してみてください。

運否天賦の意味とは

運否天賦とは「運のよしあしは天が決めるということ。運を天にまかせること」という意味を持つ四字熟語となっています。

元々は人の運命は天の定めによること。運不運は天命であること。という意味ですが、それが転じて「運のよしあしは天が決める」という意味で使われるようになったと言われています。

ちなみに「運否」は「運不運・運のあるなし」、「天賦」は「天が与えたもの」という意味を持っていて、この二つが合わさった言葉となっています。

>

運否天賦の類語

運否天賦の類語として

  • 天命を待つ(全てを天にゆだねるという意)
  • 人間万事塞翁が馬(運のよしあし、幸不幸は予測できないという意)
といった言葉が挙げられます。

これらも覚えておいて、状況によって使い分けたり、整理しておくと良いのではないでしょうか。

運否天賦を使った文章・例文

  • やれることは全てやったので、明日の受験は運否天賦で結果を待つのみだ。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ