「姫カット」とは?意味や使い方を解説!

「姫カット」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「姫カット」について解説します。

目次

  1. 姫カット
  2. 姫カットの意味とは
  3. 姫カットを使った文章・例文

姫カット

姫カット」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「姫カット」という言葉は、女性の髪形を指しますが、皆さんはご存じでしょうか。

「姫さまカット」とも呼ばれ、日本の伝統的な髪形を現代的にアレンジしたものになります。

よくゴシックロリータや、ロリータファッションと組み合わせられることが多い個性的な髪形です。

使い方としては「今日は美容院へ行って姫カットにしてもらう。」といった表現が一般的です。

今回は、そんな「姫カット」について、由来となっている髪形などを詳しく解説します。

この機会に深く知っていきましょう。
 

姫カットの意味とは

姫カットという言葉の意味について解説します。

姫カットとは「日本の伝統的な髪形である尼削ぎや振り分け髪と、髪削ぎの習慣現代的にアレンジしたもの。」という意味を持つ言葉です。


姫カットの中でも前髪を真っ直ぐにカットしたいわゆる「ぱっつん前髪」は、古くは目刺しと言われ女児のものでした。


成人女性は、振り分け髪にするのが一般的であったため、ぱっつん前髪を取り入れた姫カットは、現代的なアレンジが加えられていると言えます。

サイドの髪を内巻きにした少女のようでクラシックな雰囲気と、東洋的なお姫様らしいイメージになることから、ゴシック&ロリータやロリータファッションで取り入れられることも多くあります。

また、この「姫カット」は「姫さまカット」とも呼ばれています。

>

姫カットを使った文章・例文

  1. 彼女は、イメージチェンジを兼ねて姫カットに変えた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ