「超新星」とは?意味や使い方を解説します!

「超新星」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「超新星」について解説します。

目次

  1. 超新星
  2. 超新星の意味とは
  3. 超新星の使い方・例文

超新星

皆さんは「超新星(ちょうしんせい)」という言葉をご存知でしょうか。

「スーパーノヴァ」という英訳も含めて、アーティストユニットや曲の名前になっていることも多く、知名度の低くない言葉だと思います。

しかし、その実態を勘違いしている人は多いかもしれません。

超新星の意味とは

>

超新星とは「ある日突然、星が急激に輝きを増したように見える現象」です。
読み方は「ちょうしんせい」です。

この突然起きた強い輝きが、まるで新しい星が生まれるように見えたことから「超新星」と名付けられました。
英語では「supernova(スーパーノヴァ)」といいます。

かつては同様の現象で「超新星」より程度の緩やかなものを「新星」と呼んでいました。
しかし調査が進んだことで、「新星」と「超新星」には具体的な差異があることが分かっています。

これらの輝きが増大して見える現象の正体は、巨星(成長し巨大化した恒星)が起こす核爆発です。
白色矮星(進化の最終段階に達した恒星)に隣接した巨星からガスが流れ込み、このガスが核爆発を起こすことで強い輝きを放って見えるのが「新星」です。

「超新星」は上記現象の威力が強すぎて白色矮星自体も吹き飛んでしまう結果になったもの、あるいは巨星自体が一生の最後に起こす爆発のことをいいます。
後者を「超新星爆発」と呼び、あとにブラックホールが残されることもあります。

つまり「新星」といいながら、その実態は星の死だったということです。
消えゆく星が最後に見せる輝きも、何も知らない人間が見ると新たな星の誕生のように見える。
なんとも味わい深い話ですね。

超新星の使い方・例文

  1. 超新星爆発を記録した資料を見せてもらった。
  2. もし宇宙に行けたら、超新星を間近で見てみたい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ