「逸材」とは?意味や使い方を解説します!

「逸材」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「逸材」について解説します。

目次

  1. 逸材
  2. 逸材(いつざい)の意味とは
  3. 逸材の使い方・例文

逸材

逸材」という言葉について解説します。

日常の中でもこの「逸材」という言葉を見聞きすることがあると思いますが、特にスポーツ関係の話題で目にすることが多いのではないでしょうか。

「球速160キロの逸材」「未来の日本代表を背負う逸材」といったように使われますが、みなさんはこの言葉の意味や使い方はきちんと押さえていますか?

知っているという方も多いかとは思いますが、ここで一度きちんと整理してみましょう。

ここではそんな「逸材」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、しっかりと把握してみてください。

逸材(いつざい)の意味とは

逸材(読み方・いつざい)とは「人並み以上に優れた才能。また、その人物」という意味の言葉となっています。

ということで「球速160キロの逸材」といった場合は、「球速160キロの優れた人物」という意味になるのが分かると思います。

この逸材という言葉は、2019年にZOZO研究所が「天才・逸材採用」という枠を設けたことによって注目された言葉でもあります。

ちなみに、天才とは「生まれつき備わっている並外れた才能。またその人物」という意味の言葉で、逸材と大変似ています。

違いがあるとすれば、天才は生まれ持っての才能に対して、逸材は本人の訓練や努力によって得られた才能も含んでいるという違いがあります。

よく、逸材と天才は何が違うのかということが話題に上がるので、この点も併せて覚えておくと良いかもしれません。

>

逸材の使い方・例文

  • 日本のサッカー界を背負うと言われている逸材も、幼い頃は誰よりも下手だったという。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ