「下心」とは?意味や使い方を解説します!

「下心」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「下心」について解説します。

目次

  1. 下心
  2. 下心の意味とは
  3. 下心の使い方・例文

下心

下心」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「したごころ」となります。

この「下心」という言葉は、恋愛関係などにおいて使用される場合が多くありますが、皆さんはご存じでしょうか。。

よく「女遊びが激しい彼は、下心を持って女性に近づくので気を付けたほうがよい。」といった使い方をします。

また、この「下心」という言葉には、大きく分けて2つの意味があるため、使い分けには気を付けたいところです。

この機会に「下心」について詳しく知っていきましょう。

下心の意味とは

>

「下心」の意味について解説します。

読み方は「したごころ」となります。

この「下心」という言葉には、大きく分けて2つの意味があります。

まず、1つ目は「表面に出さず、ひそかに心中で考えていること。本心。悪だくみ。」という意味になります。

この1つ目の意味として使用する場合の使い方としては「彼は、なにか下心を隠しているようだ。」といっ表現が一般的です。

また、この「下心」という言葉は、恋愛関係において使用される場合が多いです。

「一見優しそうな彼だが、女遊びが激しく、女性には下心を持って近づく。」といった使い方をします。

次に、2つ目は「かねてからのたくらみ」という意味になります。

この2つ目の意味で使用する場合の使い方としては「彼女はなにか下心があるようで恐ろしい。」といった表現が一般的です。

下心の使い方・例文

  1. 彼は、優しい顔をしていて誠実そうに見えるが女遊びが激しく、女性には必ず下心を持って近づくので、気をつけたほうがよい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ