「取り立てる」とは?意味や使い方を解説!

「取り立てる」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「取り立てる」について解説します。

目次

  1. 取り立てる
  2. 取り立てるの意味とは
  3. 取り立てるを使った文章・例文

取り立てる

取り立てる」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「取り立てる」という言葉には、大きく分けて5つの意味があります。

主に「強制的に取り上げる」や「特別なものとして数え挙げる」といった意味で使用する機会が多いですが「手に持ち上げる」といった意味もあります。

今回は、そんな「取り立てる」について詳しく解説するので、深く知っていきましょう。

取り立てるの意味とは

取り上げるという言葉の意味について解説します。

この「取り上げる」という言葉には、大きく分けて5つの意味があります。

まず、1つ目は「強制的に取り上げる。無理に取り上げる。」という意味になります。

使い方としては「借金を取り立てる。」といった表現が一般的です。

次に2つ目は「特別のものとして数え挙げる。」という意味になります。

使い方としては「取り立てて問題な点はないだろう。」という表現が一般的です。

続いて3つ目は「特別目をかけて重要な位置につかせる。引き立てる。」という意味になります。

使い方としては「社長に取り立てられ昇進した。」といった表現が一般的です。

次に4つ目は「建てる。築く。」という意味になります。

使い方としては「閑静な住宅街にそば屋を取り立てる。」といった表現が一般的です。

最後に5つ目は「手に持ち上げる。使う。」という意味になります。

使い方としては「弓矢を取り立てる。」といった表現が一般的です。

>

取り立てるを使った文章・例文

  1. 彼は、昔借金を500万円も作ってしまい、毎日取り立てに追われていた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ