「租税」とは?意味や使い方を解説!

「租税」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「租税」について解説します。

目次

  1. 租税
  2. 租税の意味とは
  3. 租税を使った文章・例文

租税

租税」という言葉について解説します。

この「租税」には2つの意味があります。

年貢という意味もありますが、現在の日本の税金のことも指す言葉です。

具体的には「国あるいは地方公共団体が、その経費を充てるため法律に基づき国民から強制的に徴収する金銭」という意味になります。

少し難しい意味を持つ言葉ですが、日本に暮らす私たちが支払わなければいけない金銭であるため、詳しい意味について知っていきましょう。

租税の意味とは

租税という言葉の意味について解説します。

この租税という言葉には2つの意味があります。

まず1つ目は「祖と税。年貢」という意味になります。

使い方としては「今年も租税を納める時期がきた。」といった表現が一般的です。

続いて2つ目は「国あるいは地方公共団体が、その経費を充てるため、法律に基づき国民から強制的に徴収する金銭。国税と地方税の2種類がある。税。税金。」という意味になります。

このように、単純に「税金」という意味も持っています。

昔は米を年貢として納めていたように、物納の方法が取られることもありました。

しかし、現代ではほとんどの国が、物納や労働といった納税方法は取っていません。

その国で使用されている通貨による金銭納税の方法が採用されています。

>

租税を使った文章・例文

  1. わが社の社長は、今年もまた租税を納めなければいけない時期がきたと溜息交じりに漏らした。
  2. 租税は昔、物納の方法が取られていたこともあったが、今ではほとんどの国が金銭納税の方法を取っている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ