「フラット」とは?意味や使い方を解説します!

「フラット」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「フラット」について解説します。

目次

  1. フラット
  2. フラットの意味とは
  3. フラットの使い方・例文

フラット

皆さんは「フラット」という言葉をご存知でしょうか。

「フラットに○○する」などの使い方をされますが、いったいどういう状態を指すのでしょうか?

今回は、そんな「フラット」について詳しく解説します。

フラットの意味とは

>

フラットとは、以下の意味を持つ言葉です。

  • 平らである。起伏がない。
  • 競技型のスポーツで、記録に小数点以下の端数がない状態であること。
  • 音楽で、音を半音低くする記号。「♭」と書く。
  • イギリスの集合住宅で、同じ階層の数室を一家族で占めるようにした状態。メゾネット式。
凹凸や高低差がなく平らな状態、というのが基本的な意味です。
物理的な状態だけではなく、住宅の家賃や携帯電話の料金プランなどにもよく使われます。
通常これらの料金は利用状況や物価などによって変動する可能性があるのですが、契約時の条件の範囲内で決まった料金を維持するというのが「フラットな料金プラン」です。

二つ目の意味について例を挙げると、競泳やマラソンなどのタイムが重要な競技でよく使われます。
こういった競技は、小数点以下2桁や3桁までといった細かい記録が出されます。
そんな中、稀に「11.00秒」というような小数点以下の端数がない記録が出ることがあります。この状態のことを「11秒フラット」といいます。

音楽記号の「♭」は、ト音記号やヘ音記号の右側に記載されることが多いです。
曲全体で記号が記載された音階が半音下がるとともに、曲の調を指定する意味も持ちます。
また、曲中の一音につけることで、その音のみを半音下げるという指定にもなります。

フラットの使い方・例文

  1. フラットな料金プランにしておけば、料金の変動を気にせず利用できる。
  2. 家を建てるには、でこぼこの土地をフラットにならす必要がある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ