「示談」とは?意味や使い方を解説します!

「示談」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「示談」について解説します。

目次

  1. 示談
  2. 示談の意味とは
  3. 示談の使い方・例文

示談

皆さんは「示談」という言葉をご存知でしょうか。

「じだん」という読み方、意味など、人によっては馴染みがないかもしれません。
しかし、誰もが深く関わることになるかもしれない言葉なのです。

今回は、そんな「じだん」について詳しく解説します。
 

示談の意味とは

>

示談とは「話し合い。特に、争いごとが起きた時に表ざたにせずに当事者間の話し合いで解決すること」という意味です。
読み方は「じだん」です。

程度の軽い生活トラブルや、被害が物損のみや軽症程度の結果となった交通事故などでよく出てくるのが「示談交渉」です。
警察の介入によって刑事事件とするよりも、弁護士の立会いの下で加害者が被害者に「示談金」を払うなどの条件を設定して、双方納得として決着させるのが「示談交渉」です。

刑事事件になれば長期的な捜査となり、最終的に加害者に前科がつくなどのことが起こります。
それよりは示談金を支払うことで責任を負ったものとした方が、加害者にとってその後に人生に大きな差が出ます。
被害者にとっても迅速に事件解決できて、金銭などの形で被害を補填できるなどの理由から、示談に応じるメリットがあるというわけです。

ただし、被害者が「どうしても加害者に刑事罰でもって責任を取ってもらう」という強い思いを持っているならば、示談は成立しないことになります。

人身の損害を伴う交通事故の示談交渉は、被害者の症状が確定してから行うのが重要です。
脳出血など事故直後には分からなかった症状が後から判明することもあり、示談成立後には追加で補償を求めることができないからです。

示談の使い方・例文

  1. 運転を誤って隣家の塀を壊してしまい、示談で補填することになった。
  2. 根も葉もない噂を流した相手を訴えたが、示談にしてくれと言われた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ