「身の丈」とは?意味や使い方を解説!

「身の丈」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「身の丈」について解説します。

目次

  1. 身の丈
  2. 身の丈の意味とは
  3. 身の丈を使った文章・例文

身の丈

皆さんは「身の丈」という言葉をご存知でしょうか。

あまり、言われて嬉しい言葉ではないかもしれません。
この言葉を用いた結果失言とされた著名人も多いですね。

身の丈の意味とは

身の丈とは「身長。背丈。背の高さ。」という意味であり、派生して「無理をしない、自分の力に相応しいさま。分相応。」という意味としても使われます。
読み方は「みのたけ」です。

丈(たけ)とは、音読みだと「じょう」で、尺貫法の長さの単位の一つを表します。
一丈はおよそ3.03メートルです。

身長を表す単位としては、「丈」より「尺」の方が使われます。
一尺は一丈の10分の1であり、成人の身長としてはだいたい五尺から六尺前後が妥当な数値と言えるでしょう。

しかしながら「丈」は「背丈」「身の丈」をはじめとして、「着丈(きたけ)」や「ゆき丈」などの服飾のサイズを表す用語などにも使われています。
何故人間の身長や体のサイズを表す言葉に「丈」が使われるのか、深く調べてみると面白いかもしれません。

「身の丈」という言葉は、現在の日常生活では主に上記二つ目の意味で用いられることが多いです。

たとえば、受験期に「身の丈に合った志望校を選ぶのが良い」と言われることがります。この場合の「身の丈」とは自分の「学力」もしくは「経済力」という意味となります。
自分の学力より上の学校を目指すと、入試を突破できたとしても入学後についていけなくなる。経済力に対して授業料などが高すぎると支払いで苦労する。
これらのような理由から「身の丈に合った志望校選びを」と言われることがあるのです。

>

身の丈を使った文章・例文

  1. 身の丈に合わない贅沢はやめるべきだ。
  2. 身の丈を知って分相応の生活をしようと思う。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ