「闇営業」とは?意味や使い方を解説します!

「闇営業」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「闇営業」について解説します。

目次

  1. 闇営業(流行語)
  2. 闇営業の意味とは
  3. 闇営業の使い方・例文

闇営業(流行語)

闇営業」という言葉について解説します。

2019年、吉本興業の所属のお笑い芸人宮迫さんが、反社会勢力の人から報酬を受け取ったとされる、いわゆる闇営業問題が連日テレビを賑わせました。

宮迫さんが開いた記者会見は大きな話題を呼び、吉本興業という会社の仕組みなどが見直されることになるなど、社会的反響も大きいものとなりました。

そういった中で、皮肉にも定着してしまった新語・流行語がこの「闇営業」という言葉ではないでしょうか。

芸人さん達の中で使われていた業界用語的だったものが一般にも浸透したこの言葉。

今回はそなんな「闇営業」という言葉について、意味や使い方などを紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、整理・把握してみてください。

闇営業の意味とは

>

闇営業とは「法や契約に則らずに行う営業」という意味の言葉となります。

話題となった吉本の闇営業問題では、吉本興行に所属しているにもかかわらず、事務所を通さないで仕事をすることを指して闇営業と言っていました。

ちなみに、意味通りの闇営業は以前からもあり、容認される場合もあったようですが、宮迫さんの件で問題になったのは、闇営業そのものよりも、その相手が反社会的勢力であったことに焦点が置かれていました。

一般的な例で言えば、許可なく飲食店を開いていたり、決められた営業時間外に営業したりすることを闇営業と呼んだりするようです。

闇営業の使い方・例文

  • 闇営業しなくても生活が成り立つような給料体系が求められるが、実現は難しいようだ。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ