「言伝」とは?意味や使い方を解説!

「言伝」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「言伝」について解説します。

目次

  1. 言伝
  2. 言伝の意味とは
  3. 言伝を使った文章・例文

言伝

言伝(ことづて)」という言葉について解説します。

デパートなどで買い物をしていて「○○様、お言伝がございますので、1階カウンターまでお越しくださいませ」なんて放送を聞いたことがあるという方もいらっしゃると思います。

なんとなく品がある言葉と感じるのですが、みなさんはこの「言伝」という言葉の意味はご存知でしょうか。

親しい間柄ではあまり使うことはないかもしれませんが、電話を取り次ぐ時など職場や公の場などでは使えるようになっていた方がスマートな言葉と言えます。

ここではそんな「言伝」という言葉の意味や使い方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、きちんと整理・理解してみてください。

言伝の意味とは

言伝とは

  1. 伝えたい言葉を他の人に取り次いでもらうこと。また、その言葉。伝言。ことづけ。
  2. 間接に人から伝え聞くこと。人づてに聞いた話。伝聞。
といった意味を持つ言葉となっています。

日常の中ではやはり電話を取り次ぐ相手が不在の時などに「言伝をお願いします」といった感じで使われることが多いようです。

伝言をお願いする。でも同じ意味ですが、言伝と使うのが新人ビジネスマンが最初に学ぶビジネスマナーにもなっているので、覚えてみてください。

2の意味では「言伝にその話は知っている」といった感じで使います。こちらも併せて覚えておくと良いのではないでしょうか。

>

言伝を使った文章・例文

  • 人づてに聞いたというよりも、言伝に聞いたと言う方が賢そうな気がするのは気のせいだろうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ