「サミット」とは?意味や使い方を解説!

「サミット」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「サミット」について解説します。

目次

  1. サミット
  2. サミット(summit)の意味とは
  3. サミットを使った文章・例文

サミット

サミット」という言葉について解説します。

みなさんもテレビや新聞などの報道で「G8サミット」なんていう言葉を見聞きしたことがあると思います。

「サミット開催に向けて~」といった感じで当然のように使われていますが、みなさんはこのサミットの意味はご存知でしょうか。

ざっくりと「偉い人達の会議かなにか」と把握している方は実は少なくないかもしれません。

ここではそんな「サミット」という言葉について、しっかりとした意味を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、整理してみてください。

サミット(summit)の意味とは

サミット(summit)とは「主要国首脳会議」「最高責任者どうしによる会談。トップ会談」という意味で使われている言葉となっています。

サミットという言葉は元々は頂上・頂点といった意味の言葉ですが、その意味が転じて首脳会議を指して使われるようになりました。

ちなみに、一番最初のサミットは1975年アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・イタリア・日本の6ヵ国による会議としてフランスのランブイエ城で開れました。

そして翌年にカナダが加わり、G7となりました。その後、ロシアを加えてG8サミットとなっていましたが、2014年にロシアの領土問題などによって資格が停止されて、2019年現在はG7に戻っています。

※G7は「Group of seven」の略。

>

サミットを使った文章・例文

  • 経済の面でのサミットは、G7にEUとロシア、新興経済国11ヵ国を加えたG20の枠組みで議論されることが増えている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ