「ダイマ」とは?意味や使い方を解説します!

「ダイマ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ダイマ」について解説します。

目次

  1. ダイマ
  2. ダイマの意味とは
  3. ダイマの使い方・例文

ダイマ

ダイマ」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「ダイマ」という言葉は、あるマーケティング手法の略称を指していますが、皆さんはご存じでしょうか。

また、近年問題になっているマーケティング手法には「ステマ」があります。

今回は、ステマについても解説するので、この機会に「ダイマ」という言葉について詳しく知っていきましょう。

ダイマの意味とは

>

「ダイマ」という言葉の意味について解説します。

ダイマとは「ダイレクトマーケティングの略称。」という意味を持つ言葉です。

マーケティング手法の一つで、ダイレクトマーケティングの本来の意味は「ターゲットである消費者に対し、直接アピールをするマーケティング手法。」です。

しかし、インターネット上においては「宣伝行為であることを隠さずに、堂々とアピールをする。」といった意味合いで使用される場面が多くあります。

また、ダイマが正しいマーケティング手法であることに対して、近年問題になっているマーケティング手法に「ステマ」があります。

ステマとは「ステルスマーケティングの略称。」という意味を持つ言葉です。

ステルスマーケティングとは、企業から金銭を授受しているにも関わらず、中立的な立場を装い、その企業の商品などに対して良い口コミや良い評価を行う行為を指します。

いわゆる「やらせ行為」や「サクラ行為」と呼ばれる行為です。

ダイマの使い方・例文

  1. 今回、新開発した商品は、ダイマで大々的に宣伝して売り上げを伸ばしたいと思っている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ