「甘んじる」とは?意味や使い方を解説!

「甘んじる」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「甘んじる」について解説します。

目次

  1. 甘んじる
  2. 甘んじるの意味とは
  3. 甘んじるを使った文章・例文

甘んじる

甘んじる」と言う言葉について解説します。

みなさんは何らかの記者会見で「ご批判は甘んじて受け入れたいと思います」なんて言い回しを見聞きしたことはないでしょうか。

「甘んじる」のきちんとした意味を知らなくても「批判」を「受け入れる」と言っているので、なんとなく反省しているのね。と感じるのではないかと思います。

ですが、この「甘んじる」という言葉を使う時は注意が必要な言葉とも言えるのです。

ここではそんな「甘んじる」の意味や読み方・使い方などを紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、しっかりと整理・理解してみてださい。

甘んじるの意味とは

甘んじる(読み方・あまんじる)とは

  • 与えられたものをそのまま受け入れる。しかたがないと思って我慢する。
  • 満足する。楽しむ。
といった意味を持つ言葉となっています。

現代では2番目の「楽しむ」の意味で使われることは少なくなっているので、よく使われるのは1番目の意味となっています。

ちなみに、甘んじるは「甘んずる」が上一段化した言葉となっています。

ということで、先ほど出た「ご批判は甘んじて受け入れたいと思います」を見てみるといかがでしょうか。

意味から見てみると、ご批判は「我慢して」受け入れたいと思います。とも取れてしまいます。

反論や言いたいことはあるけれど、ぐっとこらえて受け入れます。と言いたい場合はこの言い方でも間違いはありませんが、謝罪したい時や反省を見せたい時に「甘んじる」を使うと真意が伝わらなかったり、誤解を招くので注意しましょう。

反省や謝罪を示したい場合は「ご批判は真摯に受け止めたいと思います」と言った方が良いかもしれません。

>

甘んじるを使った文章・例文

  • 清貧に甘んじる

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ