「論点」とは?意味や使い方を解説!

「論点」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「論点」について解説します。

目次

  1. 論点
  2. 論点の意味とは
  3. 論点を使った文章・例文

論点

論点」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「ろんてん」となります。

この論点という言葉は、日常会話やビジネスの場でよく使用されるため目や耳にしたことがある方が多いかと思います。

よく「あなたの発言は論点からずれている。」や「論点をはっきりさせる。」といった使い方をします。

議論の主軸となる問題点という意味を持つ言葉です。

今回は、そんな「議論」について詳しく解説します。

この機会にしっかりと理解していきましょう。

論点の意味とは

「論点」という言葉の意味について解説します。

この論点とは「議論の主軸となる問題点。」という意味を持つ言葉です。

読み方は「ろんてん」となります。

使い方としては「今のあなたの発言は論点からずれている。」「論点を定めた内容の報告書を作成する。」といった表現が一般的です。

この「論点」という言葉を分けて解説すると、「論」とは議論のことを指しており、「点」とは問題点を指しています。

したがって、この2つの言葉が組み合わせることで「議論の主軸となる問題点。」という意味になります。

>

論点を使った文章・例文

  1. 彼は会議中、何度も直属の上司からお前の発言は論点からずれていると叱られていた。
  2. 複雑な議論を行う際には、論点をはっきりさせないと、結論が出ず平行線のまま終わってしまう。
  3. 報告書を書くときには論点を定めた内容にしないと何を伝えたいのかわからないよ。
  4. 電車の隣の席で喧嘩をしているカップルは、後半から論点がずれてきている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ