「手弁当」とは?意味や使い方を解説します!

「手弁当」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「手弁当」について解説します。

目次

  1. 手弁当
  2. 手弁当(てべんとう)の意味とは
  3. 手弁当の使い方・例文

手弁当

手弁当」という言葉について解説します。

「手弁当で働く」なんて使い方をされるこの言葉。みなさんはどういう意味になるかご存知でしょうか。

ここでは、手弁当という言葉の意味や読み方・使い方、例文・語源・由来といったことまで詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、この言葉について整理・理解してみてください。

手弁当(てべんとう)の意味とは

>

手弁当(読み方・てべんとう)とは「自分で弁当を用意して持っていくこと。また、その弁当」「自費であることのために働くこと」といった意味の言葉となります。

一つ目の意味では、学校や職場に弁当を持って行った時に、そのお弁当は手弁当となることが分かると思います。

ですが、日常で使われるのは二つ目の意味の「自費で働くこと」であることが多いようです。

みなさんの手弁当によって、この食堂は成り立っている。といった感じで使いますが、この意味は「みなさんが自腹を切ってくれるおかけで、食堂が成り立っている」となります。

なので、会社から「しばらくは手弁当で働いてもらう」なんて言われたとしたら、その会社は給料を払わない超ブラック会社と言えます。

手弁当の由来

手弁当が「自費で働く」という意味になったのは、自分で弁当を用意するという意味が発展して「自分で費用を負担する」となったと言われています。

働くために必要なもの(弁当・費用)を自分で用意する。といった共通点があると言えるでしょう。

手弁当の使い方・例文

  • このお祭りが今年も開催できたのは、地域住民が手弁当で動いてくれたからだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ