「煩雑」の意味とは?意味や使い方を解説!

「煩雑」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「煩雑」について解説します。

目次

  1. 煩雑
  2. 煩雑の意味とは
  3. 煩雑を使った文章・例文

煩雑

皆さんは「煩雑」という言葉をご存知でしょうか。

まず、読み方はお分かりでしょうか。
もしかしたら「ぼんざつ」と読んでしまった方もいらっしゃるのでは?

今回は「煩雑」という言葉について詳しく解説します。

煩雑の意味とは

煩雑とは「ごちゃごちゃと込み入っていてまとまりがなく、面倒である」という意味です。
読み方は「はんざつ」です。

「煩」という漢字には「はん」と「ぼん」という二種類の音読みがあります。
訓読みは「煩わしい」と書いて「わずらわしい」です。
意味は「わずらう。悩み苦しむ。」「わずらわしい。うるさい。」です。

「ごちゃごちゃしていて鬱陶しい」つまり「雑になっていて煩わしい」ので「煩雑」です。

「煩」という漢字を見て、多くの人が最初に思い浮かぶ読み方は「ぼん」の方ではないでしょうか。
この漢字を使った言葉で、最も多くの人に認知されているのが「煩悩(ぼんのう)」だからです。
それ故に「煩雑」もうっかり「ぼんざつ」と読んでしまう間違いが起こりやすくなっています。

しかし他の「煩」を使った熟語を見てみると「煩悶(はんもん)」や「煩瑣(はんさ)」というように「はん」と読むものがほとんどです。
つまり「煩」という漢字の第一の読み方は「はん」であり、「ぼん」という読み方の方が特殊なのです。
うろ覚えでは読み間違う可能性が高いので、しっかり理解しておきましょう。

>

煩雑を使った文章・例文

  1. 煩雑な手続きをどうにか効率よくできないかと、試行錯誤した。
  2. 研究室には膨大な資料があるが、分類がされておらず煩雑になってしまっている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ