「煽る」の意味とは?意味や使い方を解説!

「煽る」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「煽る」について解説します。

目次

  1. 煽る
  2. 煽るの意味とは
  3. 煽るを使った文章・例文

煽る

皆さんは「煽る」という言葉をご存知でしょうか。

人をからかったり馬鹿にしたりといった、良くない行為を指す言葉として使われがちですが、本来は悪い意味の言葉ではないのです。

煽るの意味とは

煽るとは、以下の意味を持つ言葉です。

  • うちわなどで風を起こすこと
  • 風によってものを動かしたり、火を強めたりすること
  • 他人を刺激して感情をかき立てたり、ある行動を起こすように駆り立てたりすること
他にも様々な意味を持っていますが、総じて共通していることは「物事に対して刺激を与えることで、勢いを強めること」という意味であることです。
読み方は「あおる」です。

インターネットのSNSでは、特に三つ目の意味で使われていることが多いです。
人をからかうことで怒らせる、逆上させるなどして失言を引き出し炎上させるなど、相手を煽動することを「煽り」と言っています。

また、「煽り運転」というものも問題となっています。
普通に走っている車の走行を妨害するような運転のことで、車間距離を極端に詰めたり、すぐ横にぴったりとつけたり、車線変更を妨害するような動きをしたりといった具合です。
煽り運転をされた側は、もしこれらの煽り行為で運転を誤り事故を起こしてしまえば、過失となりかねません。煽った側は「意図的ではない」と言い逃れができてしまうからです。
このように人の命を奪う原因にもなる悪質な煽り運転は、近年問題視されるようになり、罰則を設けられるなどの法整備が進んでいます。

>

煽るを使った文章・例文

  1. むやみに人をからかうのはやめたほうがいい。煽られて逆上した人は怖いよ。
  2. キャンプで焚火をしようとしたが、火が弱かったので風を起こして煽った。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ