「当方」の意味とは?意味や使い方を解説!

「当方」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「当方」について解説します。

目次

  1. 当方
  2. 当方の意味とは
  3. 当方を使った文章・例文

当方

皆さんは「当方」という言葉をご存知でしょうか。

フォーマルな文章で見たことがある人が多いと思いますが、使い方のルールについてきちんと知っている人はあまり多くないのではないでしょうか。

今回は「当方」という言葉について詳しく解説します。

当方の意味とは

当方とは「自分。自分たち。」という意味です。
読み方は「とうほう」です。

ビジネスシーンなどのフォーマルな場で、「自分たち」、あるいは「自分の所属する部署や組織」を指す一人称として使われることがある言葉です。
自分個人の意見ではないが、会社としての意見ともしづらい場合などに「当方としましては…」などと使います。
また、担当者が具体的に決まっていないときなどにも使います。

フォーマルな場面で使える言葉とはいえ、やや砕けた言葉です。
「私ども」や「弊社」が妥当な場面では、そちらを使った方がよいでしょう。
ビジネスシーンにおける「当方」は「私たち」であって「私個人」ではないので、個人的な意見に「当方」を使ってしまうと問題となる場合もあります。
「当社」という言葉もありますが、これは自社内で使う言葉です。社外の人相手には「弊社」を使います。

対義語は「先方」であり、取引の相手先などを指す言葉です。
ただ、相手に直接「先方」と言ってはいけません。自分の所属するグループ内で取引相手について触れる場合など、第三者を表す状況で使いましょう。

>

当方を使った文章・例文

  1. その件については、後ほど当方より連絡いたします。
  2. 当方の意見としましては、こちらの企画を進めたく思います。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ