「誠実」の意味とは?意味や使い方を解説!

「誠実」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「誠実」について解説します。

目次

  1. 誠実
  2. 誠実の意味とは
  3. 誠実を使った文章・例文

誠実

皆さんは「誠実」という言葉をご存知でしょうか。

「誠実」とは好ましい人柄のことである、というのは多くの人の認識だと思われます。
しかし具体的にどういう人のことを指すのか、説明できるでしょうか?

今回は「誠実」という言葉について詳しく解説します。

誠実の意味とは

誠実とは「真面目で、私利私欲を交えず、真心がある人」という意味です。
読み方は「せいじつ」です。

「誠」も「実」も「嘘偽りがない」という意味を持つ漢字です。
よって「誠実」とは、似たような意味の漢字を重ねた熟語です。

「真面目で真心がある人」というのは、簡単に言うと「自分より他人を思いやって行動できる人」であり、「誠実」という言葉は特に「嘘偽りがない人」を指しています。
嘘をついて都合の悪いことを誤魔化そうとする人は、相手に対して何らかの良くない結果をもたらすと考えられます。
真剣に事実に向き合うことができる人が「誠実」なのです。

時には相手のためを思って嘘をつくこともあります。
しかしこの行為はその人なりの「優しさ」や「思いやり」があるかもしれませんが「誠実」とは言えません。
どういう内容であるにしろ、人は嘘をつかれたことが分かると相手に不信を抱いてしまうものなのです。

対義語は「不実」及び「不誠実」です。
文字通り「誠実」の否定形なので「誠意に欠けている」ことを意味しています。

>

誠実を使った文章・例文

  1. 付き合っている時からの彼の誠実さにひかれて結婚した。
  2. 顧客からの要望に誠実に向き合う先輩の姿勢は尊敬できる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ