「ディクテーション」の意味とは?意味や使い方を解説!

「ディクテーション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ディクテーション」について解説します。

目次

  1. ディクテーション
  2. ディクテーション(dictation)の意味とは
  3. ディクテーションを使った文章・例文

ディクテーション

ディクテーションという言葉について解説します。

グローバル化やインターネットの発達によって、日本人でもある程度の外国語の能力を求められる機会は増えています。

そういった状況の中で、外国語を学習しているといった方であれば、このディクテーションという言葉は見聞きしたことがあると思います。

ですが、外国語を率先して学んではいない方、普通に過ごしている方にとっては聞き馴染みのない言葉ではないでしょうか。

「外国語学習はディクテーションが効果的」といった感じで使われますが、一体どういう意味なのでしょうか。

ここではそんな「ディクテーション」という言葉について、意味や使い方を紹介します。

ぜひ最後までご覧いただき、しっかりと整理・理解してみてください。

ディクテーション(dictation)の意味とは

ディクテーション(英・dictation)とは「(口述・書き取りの意)読み上げられた外国語の文章や単語を書き取ること」という意味の言葉となっています。

ディクテーションという難しそうな言葉ではありますが、意味は口述された外国語の書き取りと、シンプルなものとなっています。

耳で聞いたものをそのまま文字にする。という勉強方法・試験方法のことだと理解しておけば良いのではないでしょうか。

ちなみに、外国語学習にディクテーションは有効であると言われていますが、それも反復することで良い結果を得られるので、魔法のような学習方法ではないということも併せて押さえておいてみてください。

>

ディクテーションを使った文章・例文

  • ひたすらディクテーションしまくった結果、かなり語彙が増えた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ