「トレードオフ」の意味とは?意味や使い方を解説!

「トレードオフ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「トレードオフ」について解説します。

目次

  1. トレードオフ
  2. トレードオフ(trade-off)の意味とは
  3. トレードオフを使った文章・例文

トレードオフ

トレードオフという言葉について解説します。

みなさんはこの「トレードオフ」という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

ビジネス用語なので、職場の中で聞いたことがあるという方は多いかもしれませんが、プライベートな日常生活の場ではほとんど見聞きしない言葉とも言えます。

ここではそんなビジネス用語「トレードオフ」について、意味や使い方などを紹介していきます。

ふいに登場した時に戸惑わないようにするためにも、ぜひ最後までご覧ください。

この言葉についてきちんと整理・理解してみましょう。

トレードオフ(trade-off)の意味とは

トレードオフ(英・trade-off)とは「両立しえない関係。一方をとると他方を失うということ」という意味の言葉となっています。

いわゆる「あちらを立てれば、こちらが立たぬ」「二律背反」といった両立不可能な関係性といったものに相当する言葉です。

例えば、在庫を少なくすると顧客のニーズに応えられずに機会を逃し、在庫を増やせば売れ残りや保管場所といった費用がかかってしまいますが、この関係性をトレードオフと呼びます。

他にもトレードオフな状況として代表的なもので「高品質・低価格」が挙げられます。

品質を上げれば価格もあがり、低価格で作れば品質は下がってしまいます。この状態もトレードオフと言われています。

>

トレードオフを使った文章・例文

  • トレードオフの状況に対応するためには、優先順位をはっきりさせておかなければならない。
  • シフトを減らせば遊びに行けるが、収入が減って遊びにいけない。まさにトレードオフなこの状況をどうしたものか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ