ご飯を食べる時の「いただきます」とは?由来や意味を解説します!

ご飯を食べる時の挨拶である「いただきます」という言葉の由来をご存知でしょうか。日常的に使う言葉であっても由来がわからない人が多いと思うので、この記事では「いただきます」について解説します。

目次

  1. いただきます
  2. いただきますの意味とは
  3. いただきますの使い方・例文

いただきます

皆さんは毎日「いただきます」という言葉を言っているでしょうか。

多くの日本人が口にしているこの言葉、意味や使い方などは今更説明するまでもないのではないかと思います。
しかし言葉の成り立ちや歴史など、どのくらいご存知でしょうか?

今回は「いただきます」という言葉について詳しく解説します。

いただきますの意味とは

>

いただきますとは「食事を始める前に言う挨拶」です。

逆に、食事を済ませた後に言う挨拶を「ごちそうさま」あるいは「ごちそうさまでした」といいます。

「いただきます」という言葉を分解すると「いただく」と「ます」という二つの単語になります。
「いただく」とは「もらう」「食べる」「飲む」の謙譲語です。
これに丁寧語の語尾である「ます」をつけることで挨拶となった言葉が「いただきます」です。

なぜ「いただきます」と言うのかについては諸説あります。
まず、食材となった動物や植物などに対して、命の恵みに感謝するためという説。
あるいは、料理を作ってくれた人、農家や漁師といった食材を生産してくれた人など、目の前の食事に関わったすべての人へ感謝するためという説です。
このどちらか、あるいは両方を意識して「いただきます」と言っている人は少なくないようです。

食事前に「いただきます」と言う文化の歴史は、意外にもさほど長くないようです。
記録によれば「いただきます」が言われるようになったのは1930年代頃で、この頃の軍国教育の一環として始まったようです。
つまり「いただきます」という挨拶は、まだ100年にも満たない歴史しか持たないようです。

いただきますの使い方・例文

  1. 我が家では、休日の夕飯はみんな揃っていただきますを言う。
  2. おいしそうな料理を作ってくれてありがとう。いただきます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ