「概要」とは?意味や使い方を解説します!

「概要」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「概要」について解説します。

目次

  1. 概要
  2. 概要の意味とは
  3. 概要の使い方・例文

概要

皆さんは「概要」という言葉をご存知でしょうか。

「がいよう」という読み方、意味や使い方など、何となく理解している人が多い言葉なのではないでしょうか。
ビジネスからインターネットまで幅広いシーンで使う言葉ですね。

今回は「概要」という言葉について詳しく解説します。

概要の意味とは

>

概要とは「物事の大筋。だいたいの内容を取りまとめたもの。」という意味です。
読み方は「がいよう」です。

始まりから終わりまでに長い時間を要することや難しいことなどを人に理解してもらうために、適切な内容の概要を提示することはとても重要です。

動画などのインターネット上のコンテンツを楽しむ際に、多くの人が参考にするのが「概要欄」です。
一般的にタイトルやサムネイルと呼ばれるアイキャッチ画像、そして概要欄に書いてある説明によって面白いかどうかを判断し、見るかどうかを決めることが多いです。
短いタイトルや一枚の画像であるサムネイルに比べて多くの内容を伝えられる概要欄は、見てくれる人を増やすのに重要な働きをしているといえます。

英語で「概要」を訳した時の表現は多数あるようです。
よく使われるのは要約やまとめを意味する「summary」、大要やあらましの意味を持つ「overview」や「outline」などです。
他にも要約などの意味がある「digest」、抽象的という意味の「abstract」など、状況に応じて多数の英語表現があります。

概要の使い方・例文

  1. 論文の概要は、簡潔に分かりやすくまとめるのが大切である。
  2. 今回の研究発表について、事前に配られた書類に書かれた概要に目を通しておいた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ