「やらせ」とは?意味や使い方を解説します!

「やらせ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「やらせ」について解説します。

目次

  1. やらせ
  2. やらせの意味とは
  3. やらせの使い方・例文

やらせ

やらせ」という言葉について解説します。

ニュースやネット記事を見ていると「バラエティ番組でやらせ発覚」「なぜテレビ局はやらせがやめられないのか」なんて言葉をたびたび目にすることがあると思います。

日常会話の中でも「あれやらせだったの?」といった感じで見聞きすることもあるのではないでしょうか。

そんな「やらせ」という言葉ですが、なんとなく意味は分かっていてもしっかりと調べたことがある方は意外とすくないかもしれません。

ここではそんな「やらせ」について意味や使い方をしょうかいしていきます。

ぜひ最後までご覧いただき、整理・理解してみてください。

やらせの意味とは

>

やらせとは「事前にしめしあわせて事を行わせておきながら、そうでないふりをすること」「テレビのドキュメンタリーなどで、事実らしくみせながら実は演技されたものであること」といった意味の言葉となっています。

ということで「バラエティ番組でやらせ発覚」といった場合「バラエティ番組で事実でないことを事実っぽく装ったことが発覚」となりますが、ざっくりと「嘘が発覚」「ズルが発覚」と理解しても良いかもしれません。

よく目にする「やらせ」のパターンとしては、テレビ局がやらせをしたのは制作会社のせいにするといったニュースですが、日常生活やビジネスシーンでもやらせは潜んでいます。

意味を理解しておくと、目の前で起きていることがやらせかどうかを見極められるかもしれませんね。

やらせの使い方・例文

  • なぜテレビ局は全てを制作会社のせいにしてしまうのか。
  • 営業成績がなぜか突然良くなって不思議だったが、裏でやらせがあったようだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ