「天啓」とは?意味や使い方を解説します!

「天啓」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「天啓」について解説します。

目次

  1. 天啓
  2. 天啓の意味とは
  3. 天啓の使い方・例文

天啓

皆さんは「天啓」という言葉をご存知でしょうか。

「てんけい」という読み方、意味など、なんとなく知っている人は多いのではないでしょうか。
その反面、自分とは無縁だと思っている人も少なくないかもしれませんね。

今回は「天啓」という言葉について詳しく解説します。

天啓の意味とは

>

天啓とは「神などの超自然的存在からもたらされたお告げ」という意味です。
読み方は「てんけい」です。

「神のお告げ」ということで、最も関わりが深いのは宗教です。
宗教の開祖となった人たちは、神から「天啓」を与えられてそれぞれの宗教を興した人たちです。
また、「天啓」を聞くことを生業にしている人たちもおり、巫女や霊能者といった人たちがそれにあたります。
広い意味では、占い師も該当するかもしれません。

そこまで大きな結果にならなくとも、普通の人たちにも「天啓」を与えられたと感じる瞬間はあります。
それは主に素晴らしいアイデアをひらめいた時、インスピレーションが刺激された時です。
こういったものが頭にひらめいたとき、まるで神から授かったお告げであるかのように感じる人もいるのではないでしょうか。
実際にこの「ひらめき」を活かして大成功を掴んだ人は少なくありません。
彼らにとってはまさに「天啓」だったことでしょう。

何ともおそれ多い言葉のように感じる「天啓」ですが、意外に身近なところにあるものなのです。

天啓の使い方・例文

  1. それをひらめいた瞬間は、まさに天啓に打たれたような衝撃だった。
  2. 久々に会った友人の変化に驚いたが、本人は天啓を得たと語っていた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ