「天恵」とは?意味や使い方を解説します!

「天恵」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「天恵」について解説します。

目次

  1. 天恵
  2. 天恵(てんけい)の意味とは
  3. 天恵の使い方・例文

天恵

天恵」という言葉について解説します。

「豊かな天恵にこうむる」「去年の豊作はまさに天恵だったね」といった感じで使われるこの天恵という言葉。

みなさんはこの「天恵」という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

なかなか日常生活で使うことも、使っている人も多くはないかもしれないので、初耳だという方も多くいらっしゃるかもしれません。

二文字熟語ということで、将棋棋士の藤井聡太さんが使って話題となった「僥倖」「望外」といった言葉とイメージが重なるのではないでしょうか。

ということで、ここではそんな「天恵」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、しっかりと整理・理解してみてください。

天恵(てんけい)の意味とは

>

天恵(読み方・てんけい)とは「天が人に与える恵み」という意味の言葉となっています。

天とは大空、自然、神様といった意味を持っており、恵みは恩恵、いつくしみ、おもいやり、施しといった意味をもっています。

この天と恵みの組み合わせの言葉と考えると、意味も理解しやすいかもしれません。

「去年の豊作はまさに天恵だったね」といった場合、「去年の豊作はまさに神様がくれた恵みだったね」となることが分かるのではないでしょうか。

日常生活で使うことは少ないかもしれませんが、挨拶やスピーチといった場面では使える言葉なので覚えておくと良さそうです。

天恵の使い方・例文

  • 自信はあったが、これほどまでの結果が出るというのは、私の力というよりも天恵だったと言えるかもしれない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ