「じれったい」とは?意味や使い方を解説します!

「じれったい」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「じれったい」について解説します。

目次

  1. じれったい
  2. じれったいの意味とは
  3. じれったいの使い方・例文

じれったい

じれったい」という言葉について解説します。

皆さんもこの「じれったい」という言葉は、日常の中で何度も見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

「あ~もうじれったいなぁ!」なんて思ったり言ったりしたことも二度三度ならずともあるかと思います。

そんな身近な言葉ではありますが、言葉としての意味という視点で考えたことがあるという方はそこまで多くないかもしれません。

ここではそんな「じれったい」という言葉の意味や使い方、類語などを紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、きちんと整理・理解してみてください。

じれったいの意味とは

>

じれったいとは「早くそうなればいいと思っているのに、なかなか進まないのでじっとしていられない」という意味の言葉となっています。

じれったい状況というのは至る所に様々あります。

フィルムが剥がれない、ラグビーでゴールライン手前から進まない、連載漫画で何週間も物語が進まないなどなど…挙げればきりがないですが、皆さんもこの意味は実感として感じているのではないでしょうか。

じれったいの類語

じれったいの類語として

  • もどかしい(思うようにならずにいらだたしい)
  • 歯がゆい(人のすることをはたで見ていて)思うようにならずもどかしい
といった言葉が挙げられます。

他にも「イライラする」「居ても立ってもいられない」など似た意味の言葉がありますが、主に上の二つが挙げられることが多いようです。

じれったいの使い方・例文

  • じれったいからといって、子供がすることに手を貸しては成長の邪魔でしかない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ