「謳歌」の意味とは?意味や使い方を解説!

「謳歌」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「謳歌」について解説します。

目次

  1. 謳歌
  2. 謳歌の意味とは
  3. 謳歌を使った文章・例文

謳歌

謳歌」という言葉について解説します。

謳歌といえば多くの方が思い浮かべるのは「青春を謳歌する」という文章ではないでしょうか。

ほかにも「平和な時代を謳歌する」といった感じで使われますが、この「謳歌」という言葉は誰もが一度は聞いたことがあると言えるでしょう。

ですが、謳歌には他にも意味があり、意外とそちらのほうの意味はご存じない方も多いかもしれません。

ここではそんな「謳歌」という言葉について、意味や使い方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、きちんと整理・理解してみてください。

謳歌の意味とは

>

謳歌とは

  1. 声を合わせて歌うこと。またその歌。
  2. 声をそろえてほめたたえること。
  3. 恵まれた幸せを、みんなで大いに楽しみ、喜び合うこと。
といった意味を持つ言葉となっています。

一般的には3の意味で使われることがほとんどだとは思いますが、漢字からすると1と2の意味の方がしっくりきます。

謳歌の謳は「謳われる(うたわれる)」とも読み、謳われる=多くの人からほめたたえるという意味を持っています。そのことから考えると2の意味になります。

また、歌は文字通り歌うことなので、こちらは1の意味になるでしょう。

ということで、3の意味は転用に近いと言えますが、広く浸透しているのは3の意味になっています。

謳歌を使った文章・例文

  • 我が世の春(何事も自分の思い通りになる最盛期)を謳歌する。と言えるほどの隆盛とはどれほどのものだったのだろう。
  • 忘れがちだが、私たちは戦争のないこの時代を謳歌していると言えるのだろう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ