「昇華」の意味とは?意味や使い方を解説!

「昇華」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「昇華」について解説します。

目次

  1. 昇華
  2. 昇華の意味とは
  3. 昇華を使った文章・例文

昇華

昇華」という言葉について解説します。

みなさんはこの「昇華」という言葉を見て何を最初に思い浮かべたでしょうか。

小学校の頃の理科の授業で習った言葉と思った方も多いかもしれません。

ほかにも「大衆芸能を芸術まで昇華させた」といった比喩的表現としての使い方もあります。

そんな割と日常でも度々目にするこの言葉について、ここでは意味や使い方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、きちんと整理・理解してみてください。

昇華の意味とは

>

昇華とは

  1. 固体が液体を経ないで直接気体に変化すること。また、気体が液体を経ずに直接固体に変化すること。
  2. 物事が一段上の状態に高められること
  3. 精神分析用語。性的エネルギーが、性目的とは異なる学問、芸術、スポーツなどの活動に置換されること
といった意味を持つ言葉となっています。

1の意味は小学校の理科で習ったもので、ドライアイスなどがこれに当たります。「昇華を説明した正しい文章に丸をつけよ」なんて問題がテストに出た記憶はないでしょうか。

2の意味は、日常会話の中でも使われる比喩的表現となります。「大衆芸能を芸術に昇華させた」といった使い方がこれに当たります。

3の意味は精神分析用語となっていますが、性的という部分を除けば、日常でも似た感じで使われているかもしれませんね。

昇華を使った文章・例文

  • テレビゲームも真剣にやれば、職業に昇華させることができる。
  • 精神分析用語としての昇華は、日常会話でいうところの「発散」に近いニュアンスがあるかもしれない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ