「たかが」とは?意味や使い方を解説します!

「たかが」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「たかが」について解説します。

目次

  1. たかが
  2. たかがの意味とは
  3. たかがの使い方・例文

たかが

たかが」という言葉について解説します。

「凡人が努力したところでたかが知れている」「たかが子供となめてかかると…」といった感じで使われるこの言葉。

みなさんも一度はどこかで見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

ニュアンスでなんとなく意味は分かりそうですが、きちんとした意味を調べたという方は多くないかもしれません。

ここではそんな「たかが」という言葉について意味や使い方など詳しく紹介していきます。

また、似た言葉として挙げられる「たかだか」「せいぜい」との違いについても紹介しますので、ぜひ最後までご覧いただき、整理・理解してみてください。

たかがの意味とは

>

たかがとは「問題にするほど価値のないさま」「程度・質・数量などが取るに足りないさま」といった意味の言葉となっています。

ということで「たかが子供となめていると…」といった場合は「問題にならないと子供をなめていると…」というような意味になることが分かるのではないでしょうか。

価値のない、取るに足らないといった卑下する意味合いを持っている言葉なので、使い方を誤るとトラブルになりかねません。

この言葉を用いる際は注意が必要と言えるでしょう。

たかだか・せいぜいとの違い

「たかが」と似た意味の言葉というイメージで「たかだか」「せいぜい」の二つが挙げられます。たかだかの意味はほぼたかがと同じですが、せいぜいの意味は「多く見積もっても、力の及ぶ限り、できるだけ」となっています。

意味からも分かると思いますが「たかが」「たかだか」は相手をみくびった気持ちが含まれているのに比べて、「せいぜい」はそのような気持ちは含まれていません。

この意味合いの違いは大きなものですので、きちんと整理しておいたほうが良いかもしれませんね。

たかがの使い方・例文

  • たかが平社員の分際で上司に意見を言うつもりか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ