「天賦の才」の意味とは?意味や使い方を解説!

「天賦の才」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「天賦の才」について解説します。

目次

  1. 天賦の才
  2. 天賦の才の意味とは
  3. 天賦の才を使った文章・例文

天賦の才

天賦の才」という言葉について解説します。

「藤井聡太は天賦の才を持って生まれた天才棋士だ」「大谷の恵まれた体格は天賦の才と言えるだろう」といった感じで使われるこの言葉。

みなさんもなんとなく意味は分かっているとは思いますが、きちんと意味を整理して使っている方はもしかしたら多くはないかもしれません。

スポーツや芸術の話題など多くの場面で度々登場する「天賦の才」という言葉についてここでは紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、きちんと把握してみてください。

天賦の才の意味とは

>

天賦の才とは「天から賦与された才能」「生まれつきの資質」という意味の言葉となっています。

天賦とは「天からさずけられるもの」「天から授かったもの」という意味なので「天から授かった才能」とそのまま理解できると思います。

また、賦与とは「さずけること、分け与えること」といった意味の言葉なので、天から賦与される=天からさずけられるとなります。

ということで、恵まれた体格は天賦の才と言える。といった場合、恵まれた体格は天から授かった才能と言える。となるのが分かると思います。

 

天賦の才を使った文章・例文

  • お金を稼ぐことに関して天賦の才を持っているだけで、態度も性格も悪いという有名人が何人かいる。
  • 彼女は暗記力が飛びぬけて良いが、その天賦の才を生かした道に進むつもりはないようだ。
  • 自分にも何か天賦の才があるはずだと考え出した時から、私の人生のつまずきが始まりだしたのかもしれないと感じる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ