「願望」とは?意味や使い方を解説します!

「願望」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「願望」について解説します。

目次

  1. 願望
  2. 願望(がんぼう)の意味とは
  3. 願望の使い方・例文

願望

願望」という言葉について解説します。

「結婚願望が強い」「願望を心に抱く」といった使い方をするこの言葉。

みなさんも日常の中で何度も見聞きしたことがあると思います。それくらい身近な言葉と言えますが、この「願望」という言葉の意味や使い方をしっかりと調べたことがあるという人は多くないかもしれません。

ここではそんな「願望」という言葉について紹介していきます。

また、似た言葉とも言える「希望」や、同じ漢字を使う「願い」との違いなども併せて紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、きちんと整理・理解してみてください。

願望(がんぼう)の意味とは

>

願望(読み方・がんぼう)とは「願い望むこと」という意味の言葉となっています。

漢字の並びそのままのとてもシンプルな意味ですが、もう少し詳しく分解してみましょう。

・願い=願うこと、またその事柄。 願う=自分の理想、希望の実現を神仏に祈る。
・望む=こうなればいい、そうしたいと思う。

となっています。
つまり願望=「こうしたい、こうなればいい、こうありたいと思い、祈ること」となります。

ちなみに希望は「こうしたい、こうなってほしいと願うこと。望み通りになるだろうという良い見通し」といった意味です。

願望も希望もこうなってほしいと願うことという意味はありますが、願望には良い見通しといった未来の予想のような意味はないのでこの点は違いになります。

願望の使い方・例文

  • 新型コロナウイルスが早く収まり、失った日常が戻って来てほしいというのは、世界中の人々が抱く願望だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ