「理不尽」とは?意味や使い方を解説します!

「理不尽」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「理不尽」について解説します。

目次

  1. 理不尽
  2. 理不尽(りふじん)の意味とは
  3. 理不尽の使い方・例文

理不尽

理不尽」という言葉について解説します。

ネットなどを見ていると、世の中のことを悟っている風な記事に「社会は不公平で理不尽なもの」なんて書いていたりするのを見かけたことはないでしょうか。

他にも「理不尽な上司」「親が理不尽」といった感じで使いますが、この「理不尽」という言葉、みなさん一度は見聞きしたり、経験したことがあると思います。

理不尽とは?と聞かれて具体例を挙げてこんな感じのこと。と説明できる人は多くいると思いますが、端的に言葉の意味を言える人は少ないかもしれません。

ここではそんな理不尽という言葉について、意味や使い方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、きちんと整理・理解してみてください。

理不尽(りふじん)の意味とは

>

理不尽(読み方・りふじん)とは「道理に合わないこと。また、そのさま」という意味の言葉となっています。

ということで「社会は不公平で理不尽」といった場合は「社会は公平ではなくて、道理にも合わない」という希望も何もない意味になることが分かるのではないでしょうか。

社会問題にもなっているパワハラやモラハラにはこの理不尽というのは付き物と言えます。

自分の判断で動くと上司に「なぜ勝手にやるんだ!」と怒られ、判断を仰ぐと「お前はいちいち聞かないと何もできないのか!」と怒鳴られる。

こういったものが典型的な理不尽、かつ典型的なパワハラ・モラハラ上司と言えるでしょうか。

理不尽さというのは確かにあちこちに潜んでいますが、耐えるべきものでもひたすら受け入れるべきものでもないかもしれません。

無理が通れば道理は引っ込むという言葉もあるように、理不尽なんていうものは無いにこしたことはないと言えそうです。

理不尽の使い方・例文

  • おやつを買うと言っていたのに、突然やっぱ買わないと言われた。私が初めて感じた理不尽は親だった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ