「リカバリー」の意味とは?意味や使い方を解説!

「リカバリー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「リカバリー」について解説します。

目次

  1. リカバリー
  2. リカバリーの意味とは
  3. リカバリーを使った文章・例文

リカバリー

皆さんは「リカバリー」という言葉をご存知でしょうか。

「回復する」「取り戻す」などの意味で使われていますが、元になった英語との違いはあるのでしょうか?

今回は「リカバリー」という言葉について詳しく解説します。

リカバリーの意味とは

>

リカバリーとは「回復。取り戻す。復旧。」という意味です。
英語では「recovery」と綴ります。

「失敗をリカバリーする」などの形で使われます。
英語の「recovery」の意味もカタカナ語の「リカバリー」と同じです。ただし「recovery」は名詞なので、「回復する」などの動詞として使う場合は「recover(リカバー)」となることを覚えておきましょう。

カタカナ語の「リカバー」も、「リカバリー」とほぼ同じ意味で使われており、「リカバーする」という形も存在しているのが現状です。
英語では厳密に使い分ける必要がありますが、日本語の中でカタカナ語として使う分にはどちらでもいいと思われます。

「リカバリー」はコンピューター用語としても使われています。
意味は壊れて正常に動作しないシステムやファイルを復旧すること、または初期状態に戻すことを言います。
「初期状態」とは購入時の状態のことであり、初期状態に戻すと使用中に保存したファイルや設定などがすべて消えてしまいます。
安易に初期化作業をすると大切なデータを一緒に消すことになるため、最後の手段として考えるべきですね。

リカバリーを使った文章・例文

  1. 後輩のミスをリカバリーするのは、先輩として当然のことだ。
  2. 深刻なエラーが起きた結果、システムをリカバリーすることになった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ