「リバイバル」の意味とは?意味や使い方を解説!

「リバイバル」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「リバイバル」について解説します。

目次

  1. リバイバル
  2. リバイバルの意味とは
  3. リバイバルを使った文章・例文

リバイバル

皆さんは「リバイバル」という言葉をご存知でしょうか。

「リバイバル上演」「リバイバル放送」など、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

今回は「リバイバル」という言葉について詳しく解説します。

リバイバルの意味とは

>

リバイバルとは「古い演劇や映画などが再演、再上映されること。また、昔の流行などが再評価、復活すること。」という意味です。

よく似た言葉に「リニューアル」や「リメイク」などがありますが、「リバイバル」がこれらの言葉と違うのは「原典そのままの形である」という点です。
映画の場合は元のフィルムそのままで再上映、演劇の場合は脚本・演出・キャストなど全てそのままでの上演という形を指す言葉が「リバイバル」です。

英語では「revival」と綴ります。
「revival」は蘇る、復活するという意味の動詞「revive」の名詞形で、「再生」「復活」を意味しています。
一度終焉を迎えた文化が再び息を吹き返す、すなわち生き返ったというところから、「revive」の名詞形がカタカナ語として使われています。

「revival」はキリスト教用語でもあり、信仰の基本理念や原点に戻るため、敬虔な信徒を増やすための「復興運動」を意味する言葉でもあります。
原典となる信仰の精神を「再評価」するというニュアンスが含まれており、現在の使い方と通じるものがあります。

リバイバルを使った文章・例文

  1. 懐かしい映画のリバイバル上映が告知された。
  2. 現在、数十年前に流行ったものがリバイバルブームを起こしているらしい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ