「リベート」の意味とは?意味や使い方を解説!

「リベート」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「リベート」について解説します。

目次

  1. リベート
  2. リベートの意味とは
  3. リベートを使った文章・例文

リベート

皆さんは「リベート」という言葉をご存知でしょうか。

ビジネス用語のため、聞いたことがない、意味がはっきり分からない方も少なくないと思われます。

今回は「リベート」という言葉について詳しく解説します。

リベートの意味とは

>

リベートとは「支払代金の一部を支払人に払い戻すこと。割り戻し。」あるいは「手数料。世話料。または、賄賂。」という意味です。
英語では「rebate」と綴ります。

簡単に言うと「リベート」とは、売り上げに協力した人が支払った代金を謝礼の意味で一部払い戻すことを言います。
たとえば通販サイトなどでは、商品を購入後にレビューを書くと代金の何割かを払い戻す、というようなキャンペーンを行うことがあります。
購入者のレビュー、特に称賛の内容は、商品やショップの宣伝となり購入者が増える効果があります。
レビュアーをショップの売り上げに貢献したと見なし、謝礼として代金のリベートを行うのです。

このような場合、レビューの内容は問わないことがほとんどです。
しかし一方では、リベートを受け取る代わりに称賛レビューを書くという密約、いわゆるサクラレビューを行うという違反行為も存在します。
このリベートは賄賂とみなされるわけです。

似た言葉に「キックバック」があります。
「リベート」とほぼ同じ意味の言葉ながら、賄賂のような悪いイメージで使われることが多いです。
そのため、近年では言葉の言い替えが行われるようになり、ビジネスシーンにおいて「キックバック」はあまり使われなくなっています。

リベートを使った文章・例文

  1. SNSで購入した商品の宣伝をしてリベートをもらうという仕事がある。
  2. リベートを行うときは、特に綿密な契約書を作る必要がある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ