「ローテーション」の意味とは?意味や使い方を解説!

「ローテーション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ローテーション」について解説します。

目次

  1. ローテーション
  2. ローテーションの意味とは
  3. ローテーションを使った文章・例文

ローテーション

皆さんは「ローテーション」という言葉をご存知でしょうか。

スポーツや仕事の場面などで、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
具体的にどういったことを指す言葉か、お分かりでしょうか?

今回は「ローテーション」という言葉について詳しく解説します。

ローテーションの意味とは

ローテーションとは「輪番。循環。回転。」という意味です。
英語では「rotation」と綴ります。

たとえばAさん、Bさん、Cさんが一人ずつ何かの仕事をするという場合、まずAさんが担当し、次はBさんに交替し、Cさんへと担当が移った後は、再びAさんに担当が回ってきて、その次はBさんになります。
つまりAさん→Bさん→Cさん→Aさん→Bさん…と、順番が繰り返しになるのです。
このように「順番に交替する」「繰り返し循環する」という動きを表した言葉が「ローテンション」です。

ローテンションの形で何かを動かすことを「ローテンションする」といいます。
省略して「ローテ」「ローテする」とすることもあります。

「ローテーション」はスポーツでもよく使われる言葉で、野球における「開幕ローテーション」とは、開幕時に先発投手が投げる順番のことをいいます。
また、バレーボールでは、試合中にポジションが移動することを「ローテーション」といいます。

>

ローテーションを使った文章・例文

  1. 今回新しく建てる店舗では、従業員のシフトにローテーション制を採用した。
  2. ポジションがローテーションしたことで、得意な位置でのプレイが回ってきた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ