「行きつけ」とは?意味や使い方を解説します!

「行きつけ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「行きつけ」について解説します。

目次

  1. 行きつけ
  2. 行きつけの意味とは
  3. 行きつけの使い方・例文

行きつけ

行きつけ」という言葉について解説します。

「行きつけのお店」「行きつけの美容室」といった感じで使われるこの「行きつけ」という言葉。

みなさんも聞き馴染みがある言葉だと思います。

中にはそういった「行きつけのお店」が実際にある。という方もいらっしゃるかもしれません。

意味もなんとなく既に知っているとは思いますが、ここでは言葉としての「行きつけ」の意味をきちんと紹介したいと思います。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

行きつけの意味とは

>

行きつけとは「何度も行ってなじみになっていること」という意味の言葉となっています。

読み方は「いきつけ」「ゆきつけ」とどちらの読み方でも構いません。

ということで、行きつけのお店と言った場合は「何度も行ってなじみになっているお店」となります。

近い言葉として「常連」がありますが「常連=いつも来る客」という意味なので若干違いはありますがほぼ同じ意味で使われているようです。

もう一つ、似ている言葉として「御用達」が挙げられることがあります。御用達の本来の意味は「官庁や宮中に物品を納入すること」ですが現代では「お気に入り」といった意味合いで使われています。

〇〇様御用達のお店=〇〇様がお気に入りのお店。となりますが、注意点があるとすれば、御用達は本来の意味からの流れで立場が上の人や目上の人に使うような言葉となっています。

行きつけの使い方・例文

  • 誰にも教えていない自分だけの行きつけのお店を一軒くらいは持っていたいものだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ