「ノクターン」の意味とは?意味や使い方を解説!

「ノクターン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ノクターン」について解説します。

目次

  1. ノクターン
  2. ノクターンの意味とは
  3. ノクターンを使った文章・例文

ノクターン

ノクターン」という言葉について解説します。

音楽に造詣が深い方にとっては、聞き馴染みがあって知っていて当たり前の言葉かもしれませんが、そうでない方にとっては聞いたことはあるけど意味まではちょっと…という感もあるこの「ノクターン」と言う言葉。

ノクターンと言えばショパンが有名ですが、みなさんはこの言葉の意味はご存じでしょうか。

曲名だと思っている方もいるかと思いますが、ここではそんなノクターンという言葉について紹介します。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

ノクターンの意味とは

>

ノクターンとは「夜想曲(夜の情緒を表す叙情的な楽曲)」という意味の言葉となっています。

ということで、ノクターンと言った場合、夜の情緒、感情、雰囲気を述べて表しているかのような曲のことを指しています。

そして、数あるノクターンの中でもショパンの楽曲が世界的によく知られていて、ノクターンといえばショパンとも言われているようです。

意味を知ってみると、とても素敵なイメージをまとった言葉だと感じますし、また日本語の夜想曲という言葉もとても素敵な字面と響きを持っているのではないでしょうか。

ちなみに、絵画の世界でもノクターンという言葉が使われていて、その場合は「夜景画」となるようです。

こちらも併せて覚えてみても良いのではないでしょうか。

ノクターンを使った文章・例文

  • ショパンのノクターンは時代を超えて人々を感動させている。
  • ノクターンを作曲するには、様々な「夜」を体験しないといけない気がする。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ