「エッセンス」の意味とは?意味や使い方を解説!

「エッセンス」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「エッセンス」について解説します。

目次

  1. エッセンス
  2. エッセンスの意味とは
  3. エッセンスを使った文章・例文

エッセンス

皆さんは「エッセンス」という言葉をご存知でしょうか。

英語で「essence」と綴るこの言葉、聞いたことがある方は多いでしょう。
しかしその意味や使い方について、正確に理解していない方もいるのではないでしょうか?

今回は「エッセンス」という言葉について詳しく解説します。

エッセンスの意味とは

エッセンスとは「物事の本質。最も重要な要素。」「植物から抽出した香り成分をアルコールに溶かした物。精油。」という意味です。
英語では「essence」と綴ります。

料理やお菓子作りが好きな方なら、「バニラエッセンス」はご存知でしょう。
その名の通りバニラという植物の香り成分から作った精油で、アイスクリームなど甘いものを作る際に、香りづけとして数滴たらして使うものです。
バニラ味のスイーツには欠かせないものですが、バニラエッセンスそのものに甘い味はついていません。
本質的にはバニラの「香り」を加えているのであって、「味」ではないのです。
私たちがバニラ味と感じるものは、実はバニラエッセンスの香りだったというわけです。

「エッセンス」のもう一つの意味は「物事の本質」です。
実際にレシピを知り、本質的にバニラエッセンスがどういうものなのか知らなければ、バニラ味について本当に知っているとは言えません。
一番大切な、欠かせないこと。それが「エッセンス」なのです。

>

エッセンスを使った文章・例文

  1. この物語のエッセンスは、家族の絆というものにある。
  2. 手作りの石鹸を作るのに、バラのエッセンスを加えて香りをつけた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ