「ケミカル」の意味とは?意味や使い方を解説!

「ケミカル」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ケミカル」について解説します。

目次

  1. ケミカル
  2. ケミカルの意味とは
  3. ケミカルを使った文章・例文

ケミカル

皆さんは「ケミカル」という言葉をご存知でしょうか。

商品名などで一度は聞いたことがあるでしょうし、意味もなんとなく知っている方が多いでしょう。
しかし、正確な意味を説明することはできるでしょうか?

今回は「ケミカル」という言葉について詳しく解説します。

ケミカルの意味とは

ケミカルとは「化学的な」「化学的に合成した」という意味です。
英語では「chemical」と綴ります。

読みが全く同じなために混同されがちなのが「化学」と「科学」です。
「化学」が「ケミカル(chemical)」なのに対して「科学」は「サイエンス(science)」です。
「科学」は、厳密な定義でいうとかなり広いジャンルの学問を指す言葉です。
自然の仕組みを研究する「自然科学」、経済や政治などを研究する「社会科学」、文学や教育などに関わる「人文科学」などに分けることができます。
ただ、一般的に「科学」というと、「自然科学」を表すことがほとんどです。
「科学の力」「科学技術」などの言葉は、全て「自然科学」のジャンルです。

「化学」は「自然科学」の一部で、物質を合成したり温度や圧力などを変化させたりして、別の性質を持った物質に変化する仕組みを研究する学問です。
話し言葉で「科学」と区別するため「ばけがく」と読むこともあります。
科学的に合成された素材で作られた商品には「ケミカル○○」という名前がつくことがあります。

>

ケミカルを使った文章・例文

  1. 友人はケミカルウォッシュのジーンズが好きで、店先で見かけるたびに買っている。
  2. ケミカルレザーの製品は素敵なデザインが多いが、経年劣化が激しいことが欠点である。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ