「クラフト」の意味とは?意味や使い方を解説!

「クラフト」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「クラフト」について解説します。

目次

  1. クラフト
  2. クラフトの意味とは
  3. クラフトを使った文章・例文

クラフト

皆さんは「クラフト」という言葉をご存知でしょうか。

英語で「craft」であるこの言葉、店舗名や店先など、様々な場所で見かけますね。
何を指す言葉か、説明できるでしょうか?

今回は「クラフト」という言葉について詳しく解説します。

クラフトの意味とは

クラフトとは「手作りの工芸品。民芸品。」という意味です。
英語では「craft」と綴ります。

「オートメーションで作られる工業製品のような大量生産の物ではない、一つ一つ手作業で作られた品」というイメージで考えていただければ問題ありません。
民芸品の中には「機織り機で織られた布」などもありますが、機織り機は人が手動で動かしているため、「人の手で作られた工芸品」であると言えます。

「クラフト」が使われている言葉としては、「ハンドクラフト」や「ペーパークラフト」などが挙げられます。
「ハンドクラフト」は文字通りそのまま、人の手で作られた品、手工芸品という意味です。
「ペーパークラフト」は、紙を切ったり貼ったりして組み立てて作る立体物のことです。
いずれも材料などがセットになってメーカーから市販されている「クラフトキット」が存在しますが、「人の手で作り完成させる」という点において、「クラフト」という言葉の意味を満たしています。

お酒が好きな方は「クラフトビール」という言葉をご存知でしょう。
これもメーカーが作る量産品ではない、職人が手間暇かけて作ったようなビールを表す言葉で、「地ビール」ともいいます。

>

クラフトを使った文章・例文

  1. 長期休暇の宿題ということで、子供と一緒にペーパークラフトを作った。
  2. 友人の趣味は、各地のクラフトビールを飲み比べることだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ