「世論」とは?意味や使い方を解説します!

「世論」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「世論」について解説します。

目次

  1. 世論
  2. 世論の意味とは
  3. 世論の使い方・例文

世論

皆さんは「世論」という言葉をご存知でしょうか。

意味としては難しくないのですが、正しい読み方は何かと聞かれると困ってしまうのではないでしょうか。
「よろん」と「せろん」といった複数の読み方を聞いたことがあり、どちらも同じくらい使われているように感じられるからです。

今回は「世論」という言葉について詳しく解説します。

世論の意味とは

>

世論とは「ある社会の問題について世の中の人が持っている考え」という意味です。
読み方は「よろん」「せろん」「せいろん」の三種類があります。

もともとは、世の中の多くの人の意見という意味の「輿論」という言葉でした。
「輿論」は「よろん」と読むのですが「輿」という漢字が常用外だったため、「世論」という漢字があてられるようになりました。
そして「世論」が「せろん」「せいろん」とも読めることから、これらの読み方も生まれて広く使われるようになっていったのです。

ただ、「せいろん」はあまり使われていません。
話し言葉では「正論」と混同してしまうためであると思われます。

「世論」という言葉に複数の読みがあるのは、このような経緯なのです。
元は当て字であったということも含めて、意外な経緯ですね。

語源の読み方が「よろん」であることから、特に指定がなければ「よろん」と読むのが無難だと言えるでしょう。
「世論調査」も「よろんちょうさ」と読みます。

世論の使い方・例文

  1. 政治家の汚職が起きるたびに、世論はバッシングの嵐となる。
  2. 世論調査の結果、現政権への支持率は激しく変動していた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ